show1 show2 show3 show4

電話一本でお申込み

家の片づけ、家具や家電の買い替え、遺品整理など、時折出る粗大ごみや不用品。できるだけ面倒なことは抜きにして、早く、安く処分したいものですよね。
ごみ処理を行政に依頼しようと調べてみると、粗大ごみを引き取ってもらうための制約条件がいろいろとつきまといます。
たとえば、引き取り対象外だったり、引き取ってもらう時間が合わないなど…。
そんなときは、粗大ごみ回収業者「総美」を上手に利用すると面倒が少なくスムーズに粗大ごみを処分できます。
では、粗大ごみ回収業者「総美」を活用する際のメリットについてご紹介します。

1.電話一本ですぐに申し込み

思い立ったらすぐに電話1本で申し込むことができます。行政に回収を依頼するときは、事前申し込みやゴミ処理券の購入など煩わしい作業が発生しますが、総美の場合はその手間がありません。

2.即日対応可能

ただでさえ早く処分してしまいたい粗大ごみや廃棄物。処分しようと片づけたその日から邪魔になりますよね。行政に回収を依頼した場合は、申し込みから2~3週間かかってしまうこともあります。
総美に依頼すれば、最短日程で処理が可能です。
(予約優先となります)

3.土・日・祝日も可能!

平日はお仕事で都合がつかない!
時間が合わない!
など、何でもご相談ください!
お客様のスケジュールに合わせます!

4.どんなものでも処分できます

行政の場合は品目によって、引き取り対象ではないものも多々あります。
粗大ごみ回収業者なら、あらゆるものが処分、
回収可能です。

ただし、以下の項目は処分不可になります。

・工業所有権、著作権、肖像権、名誉棄損など
   他人の権利を侵害する物品
・盗品
・動物
・薬品、医療器具
・銃器、弾薬あるいは主として武器として使用
   される目的を持つもの。
・人体、臓器、細胞、血液 等
・廃油

5.作業いらず。重いものや大きなものを運び出します

粗大ごみ処分で困るのは、家から運び出すことです。行政に依頼した場合、重い家具や家電製品であっても所定の場所まで自分で移動しなければいけません。
総美に依頼 すると、ひとりでは運べない重量物や大型家具でも家の中から運び出します。
また解体が必要な場合でも、解体業者と提携しておりますので安心です!
解体依頼もお任せください!

6.会社・店舗の粗大ごみ、ごみ処分もできる

行政では受け付けない法人がらみのごみ処理。
オフィスや店舗移転、レイアウト変更などで不用になったゴミや廃棄物。総美に依頼すると、
オフィス家具や什器、電化製品、不用在庫などの処分も可能です。

7.産業廃棄物の処分もOK

粗大ごみ回収業者総美なら、産業廃棄物の処分もします。
必要に応じて産業廃棄物管理表マニフェスト
無料で発行します。

8.部屋や家丸ごとの処分もOK

遺品回収やゴミ屋敷などは分別するだけで相当な作業になります。あまりの量にどこに頼んでいいか途方に暮れるという話も聞きます。
総美に依頼すれば、部屋や家丸ごとの整理や処分いたします。

9.家電リサイクル法・パソコンリサイクル対象品も対応

家電リサイクル対象の冷蔵庫や洗濯機、パソコンなどは行政では処分できません。指定業者に個別に引き取りを依頼しなければいけません。
また、ものによっては家電量販店に持っていかなければならないというルールもあります。
総美に依頼すれば、家電リサイクル対象の家電でも処分が可能です。
アクセスカウンター
Copyright 2007 Soubi co ltd. All Rights Reserved.